動画制作会社の動画広告を使用した効果

動画広告を利用される方の為に役に立つ情報をお伝えします

動画の制作会社へ依頼

17年11月20日

未分類

動画の制作会社へ依頼 はコメントを受け付けていません。


製作会社企業等が情報を大量に込めることができ、かつ効果が期待できる動画広告の利用を考える際、どのように制作するかという点に頭を悩ませることになります。チラシやテキストバナー、ディスプレイバナー広告のように単純なものであれば簡単ですが、動画となるとその難易度は一気に上がってしまいます。コンセプトや内容を考えるには専門家の知恵を借りることになります。

そんな場合には、プロである動画の制作会社を利用されると良いでしょう。趣味で動画を制作するのとは異なりますし、できるだけ効果的に、必要な情報を、適した形でターゲット層に宣伝する為には、それなりの知識やスキルが必要になります。もちろん、TVのCM広告のような莫大な費用を投じる必要はありませんので、少ない費用で制作することができます。

動画広告の大きなメリットは、多くの情報量、つまり、わかりやすいこと、また、伝わりやすさがあります。視覚的にユーザーにアプローチできますので、クオリティの高い動画であればある程、大きな宣伝効果が期待できます。コミュニティでの口コミ効果が得られれば、一気に話題になり、日本だけではなく世界へ一瞬で拡散されますので、その効果は計り知れません。こうした効果を期待するためにもハイクオリティな動画広告が必要になります。やはりプロである制作会社へ依頼することを検討した方が良いでしょう。

参考→→→動画制作を依頼『ムビラボ』

動画広告と他との違い

17年11月15日

未分類

動画広告と他との違い はコメントを受け付けていません。


動画広告以外にも沢山の広告媒体は存在し、テレビやラジオ、テレビや雑誌等、かつてそれらを利用して企業は宣伝を行ってきました。ただし、それらは莫大な費用と時間、労力を費やし、また効果の判定が曖昧であるというデメリットがありました。現代社会においては、そこまで費用をかけなくてもできるオンライン上の広告という点で、動画を使用した広告と、バナー広告ディスプレイ広告等があります。

広告動画広告と、他の広告との違いは何でしょうか。最も大きな違いとは、やはり広告によって伝えられる情報量多さになります。バナー広告やディスプレイ広告は、製作には時間を要しませんが、その分、込めることができる情報量には限りがあります。動画を使用した場合、込められる情報量は他の比ではありません。しかしながら、その一方で、製作時間は増え、難易度は高くなります。

難易度や時間が必要になる動画広告が、何故利用が拡大し続けているか、その理由とは、その高いクリック率にあります。広告は興味を喚起することが目的になりますので、見てもらうことが最も重要なポイントです。つまり、動画を使用した広告は、大きな広告力としてこれからますます需要が伸びる広告媒体となることでしょう。

動画広告の目的とは

17年11月11日

未分類

動画広告の目的とは はコメントを受け付けていません。


動画を使用した広告の中でも、急速に拡大しているのがSNSメディアでの配信です。広告が配信されてすぐ、一瞬で沢山の人に拡散することができる上に、シェアやクリック等で反応もわかる為、広告主にとっても効果が見やすい有望なメディアとして人気が高まっています。

動画広告動画広告の目的について、広告とは、商品の宣伝だけではなく、色々なタイプが存在します。多くは商品の購入を促進する広告、次に広く認知してもらう為の広告等、広告主が宣伝したい目的に沿った動画制作がされています。動画広告を使って、商品のイメージ、価値を高める「ブランディング型」、または、商品やサービスをより多くの人に認知してもらう為の「認知拡大型」、そして、広告の中で最も多い、商品を買ってもらう為の「販売促進型」等があげられます。販売促進型については、商品だけではなく、無形サービスについても多く活用されています。

動画広告の内容は多種多様で、面白い系、驚き系、ストーリー系等、その広告のプロモーションに沿った動画を制作することになります。気軽に始めることができることがメリットである動画広告ですが、しっかりとしたコンセプトに基て制作されてはじめて、より高い効果が得られます。

動画を使用した広告

17年11月04日

未分類

動画を使用した広告 はコメントを受け付けていません。


動画広告動画配信のプラットフォームが拡大を続け、また、スマートフォンの普及、データ通信の環境が整っている現代において、動画コンテンツの利用が飛躍的に伸びています。中でも、動画広告については多くの注目を集めており、実際に目にする機会も増えてきています。この動画広告のブームをふまえて、多くの企業や会社も広告制作の際、動画コンテンツについても選択肢の一つとして考慮する機会も今後あるかと思います。それでもまだ、動画広告について、広告として本当に動画は効果があるのかどうか、疑問視されている方もおられるかもしれません。確かに、流行っているからと言って、理解できないまま手を出すことは困難です。動画広告の目的、他の広告媒体との違い等、きちんと理解した上で制作するべきです。

動画広告の市場が拡大する理由とは、始めやすいという点があげられます。動画広告配信をしている会社の多くが一定秒数が過ぎたらいくらという「課金制」を採用していますので、広告に多くの予算をさけないという企業でも、気軽に広告が出しやすくなっているという背景があります。また、何人が見ていたか、そこからリンク先に飛んだか、シェアされたか等の、動画広告の効果も、データとして数値化して出てきますので、効果判断が明白であり、テレビのように莫大な費用をかけて、その効果がはっきりせず、曖昧のまま終わるということがありません。ここでは、これから動画広告を利用される方の為に、詳しく紹介したいと思います。